FANDOM


注意:このページには真実とは異なる情報が掲載されている可能性があります。

概要 編集

架空のピーマンは、2017年4月15日に行われた「第3回ワード人狼」で提唱された新たな世界の支配者である。実際にピーマンについての議論がされたのは第3回戦からで、それ以降参加者は架空のピーマンについての議論に夢中になっていることがログからも確認できる。

架空のピーマン#とは 編集

架空のピーマンとは、人間には認識できない空間、架空の空間ともいえる空間にはピーマンが存在しており、シュレディンガー的なアレで人間には観測できないことからピーマンが全ての空間や次元を支配しているのでは、というピーマンである。ようするに何でもアリである。「架空のピーマン」と名付けられているが、本当にピーマンの要素を含んでいるかは観測が不可能であるから不明である。しかし、常人にはとても想像、理解しがたいものであるため、一般的には緑色の野菜であるピーマンと同一の形状をしていると論じられている。これは余談ではあるが、ピーマン内にある種子の数はピーマンの中を実際に開いて確認するまで不明であることから、ピーマンの中には無限の種子が存在しているのでは、という主旨のシュレピーマンの種という思考実験も存在している。

架空のピーマン教 編集

ぴーまんおいしい。(この項目の内容は削除されました。続きを見るにはピーマンになってください。)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。