FANDOM


Call of Cthulhu(日本語名:クトゥルフの呼び声)は、H.P.Lovecraftの小説を元にしたTRPGルールである。Chaosiumが原本を作り、初版から第5版まではHobby Japanがローカライズした。現在日本語版としては第6版が売られており、エンターブレインから発売されている。また、本国では第7版が出版されている、息の長いTRPGルールである。

人間には伺い知れない恐怖、HPLの言う宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)を表す神話生物と、それらがもたらす破壊と恐怖に対して探索者がどう対処するのか、という点が描かれる。元々の舞台は1920年代アメリカであったが、クトゥルフ・バイ・ガスライトで1890年代イギリスが、また、クトゥルフ・ナウで2010年代の世界が、近年では2015年の世界を表現するサプリメントも用意されており、人気のルールになっている。

卓ゲ箪笥では複数のKP・PL経験者がおり、すっかりスタンダードの一枠となった感がある。

また、ボードゲームでもクトゥルフ神話をベースにしたものが複数あり、そちらも人気であるが、残念ながらBGAなどにはほとんど登録されないため、オフラインセッションが主である。

Boardgame: based on cthuluhu myth

  • Eldrich Horror
  • Eldersign
  • Arkham Horror
  • Arkham Horror Card Game
  • Pandemic: Cthuluhu
  • Mansion of Madness
  • Flux:Cthuluhu
  • 翠色の習作
  • (and so on... plz write on more games you know)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。